EasyBuilder Pro編集ウインドウの改良

プログラムを編集する時、全てのオブジェクトが表示エリアに置かれ、すぐに所要のオブジェクトを選択できなく、イライラした経験がありますか?それとも、プロジェクトの美観のため、手動で各オブジェクトを整列するのに多くの時間をかけてしまいましたか?Weintekの研究開発チームは、既存の編集ウインドウを改良し、以上の問題が解決できるようになりました。次の紹介をご覧ください。


図一、編集ウインドウ(新)

 

非表示エリアを新規追加

表示エリア(ラベンダー色):HMIのモニターに表示されるエリア。

非表示エリア(灰色):HMIのモニターに表示されないエリア。

どんなオブジェクトが非表示エリアに置かれるのに適しますか?

  • 背景オブジェクト:ビット/ワード設定、データ転送など、図形の表示が必要ないオブジェクト。
  • 文字/コメント:オブジェクト及びプログラムへコメント用の文字オブジェクト。

 

定規とガイドを新規追加

図一の表示エリアには、定規が見られます。定規を見れば、オブジェクトとカーソルの所在位置が分かるようになるが、オブジェクトを整列するには、ガイドを使用するのがお勧めです。図二に示した通り、オブジェクトをドラッグ、または拡大/縮小する際に、オブジェクトは自動的にガイドに整列します。


図二、ガイドとオブジェクト

 

もっと多くの情報
ソフトウェアバージョン:EasyBuilder Pro V5.07.02 (ダウンロード)

あわせて読みたい