cMT Viewer最大接続数

cMTシリーズがリリースされた以来、フレキシブルな監視仕組みはいつもユーザーに気に入られています。しかし、装置の接続台数に限界があり、応用面の障害になってしまうので、装置が各種の環境でも柔軟に応用されるように、続々に改善を施しました。

 

改善前

  • 1個のcMT Viewerは同時に3台のcMT装置を監視できます。
  • 1台のcMT装置は同時に3台のcMT Viewerに監視されることができます。

改善後

  • 1個のcMT Viewerは同時に4台のcMT装置を監視できます。監視モードを新規追加して接続数を50台に増加し、それにプロジェクト内にでウインドウ3を通じてリアルタイムデータを取得することができます。本機能はEasyBuilder Pro V5.05.02以降からサポートされます。

 

  • 1台のcMT装置は同時に1~10個のcMT Viewer監視されることができます。システムパラメータ設定のリモートタブでは、最大接続数を設定することができます。本機能はEasyBuilder Pro V6.01.01以降からサポートされます。

 

All-in-one機種*を接続する際に、最大接続数に計上されません。最大接続数はリモートクライアントのcMT Viewerだけ示します。

*All-in-one機種:cMT3072/cMT3090/cMT3103/cMT3151/cMT-HDMI

あわせて読みたい