cMT-CTRL01: IIoT PLC — インダストリー4.0に向けた完璧なソリューション

産業用モノのインターネット(IIoT)はインダストリー4.0において欠かせない一部です。インダストリー4.0の発展につれ、スマート製造はPLC市場に大きな影響をもたらしました。競争の激しい市場で存立するため、今後のPLCはパフォーマンスの向上を求められる以外、付加価値を高めるのに周辺機器への接続性も強化しなければなりません。このような市場動向に応じ、WeintekはCODESYSとIIoT Gatewayを完璧に結合し、IIoTコントローラ:cMT-CTRL01をリリースしました。

cMT-CTRL01に内蔵されたCODESYSプログラマブルロジックコントローラがIEC61131-3に準拠し、FBD/LD/IL/ST/SFC/CFCなどの言語でPLCプログラミングを実行できる以外、産業用モノのインターネット(IIoT)での標準プロトコル:OPC UAとMQTTをサポートし、装置内の情報をIIoTデータセンターにアップロードすることも可能です。また、オプションとしてライセンスでEasyAccess 2.0機能をアクティベートして使用すれば、遠隔地でCODESYSプロジェクトを更新でき、それに装置の稼動状態を監視可能で、メンテナンスコストを抑えられます。EasyAccess 2.0のプッシュ通知を使用すると、装置に異常が発生した場合、第一時間で関係者に知らせることができ、装置の停止時間を削減します。

cMT-CTRL01のPLCシステムには演算能力が強大なCODESYSを内蔵した以外、需要に応じてcMT-CTRL01の右側にiRシリーズモジュールを拡張接続できます。

<例> cMT-CTRL01+iR-PU01-Pの応用例:

iR-PU01-Pは高速パルスを出力でき、サーボモーター、ステップモーターを制御可能で、インクリメンタルエンコーダーからのパルスを受信できます。応用上の即時性を上げるため、iR-PU01-Pには4点のデジタル入力・出力点を内蔵しています。それにCODESYS及びモーションコントロール関数ライブラリに合わせて使用すると、cMT-CTRL01+iR-PU01-Pの組み合わせは、高統合性、操作簡易なモーションコントロールソリューションを提供し、梱包機械、計測システム、印刷機械、巻き取り、張力、搬送機械などの様々な産業に応用できます。

iR-PU01-Pが実行できるモーションは位置決め(Buffer Modeをサポート)、速度制御、Catpture機能、Jerk機能、原点復帰機能(37方式)、デジタルカムスイッチ(Digital Cam Switch、4デジタル出力点)、同期モーションコントロールがあります。同期モーション機能は、マスター軸(パルス入力)とスレーブ軸(パルス出力)の比率を指定することにより実現されます。手動パルス発生器(MPG)はその応用の一つです。

また、cMT-CTRL01はMODBUS TCP/IP Gateway機能を通じて300種類以上PLC、コントローラと通信可能のほか、IIoTでの標準プロトコル:OPC UAとMQTTもサポートすることで、周辺機器への接続性を強化します。

その上、cMT-CTRL01にはデータサンプリングとイベントログの機能を備え、履歴データをSDカードに保存でき、またはSQL Databaseに同期することも可能です。それにより、cMT-CTRL01を自動化制御のデータセンターとして使用できます。

cMT-CTRL01は世代をまたぐIIoT PLCで、ITとOTシステムを全面に統合します。産業用モノのインターネット仕組みにおいて、cMT-CTRL01は制御システムの中核を担うのに最適な選択です。

あわせて読みたい