cMT3071

製品紹介及び特長

コンパクトで応用範囲が広く、価格も手頃な7インチHMIはいつもの人気商品です。ユーザーにより容易にcMTシリーズに触れ、cMTのパワフルな機能を利用してスマート工場を構築することを協力するため、Weintekはユーザーの要望を応じて、最新の全方位型の7インチHMI:cMT3071をリリースしました。

cMT3071のハードウェアはiE/iP/eMTシリーズ機種に比べて勝るも劣らなく、優れた計算機能及び優秀なユーザビリティを提供いたします。デュアルコアのCortex A9 1GHzプロセッサ、4GBのフラッシュメモリ(Flash)と1GBのRAMを搭載したので、cMT3071のレスポンスがもっと流暢し、プロジェクトのデザインにより豊富な機能を使用でき、またさらに多くの履歴データを保存可能です。それに、最も迅速なグレードアップを実現させるため、cMT3071のパネルカット寸法は7インチのiE/iP/eMTシリーズ機種と同じのほか、モニターの解像度も同じの800×480で、プロジェクトを変換する際に、画面のデザインを変えることなくそのまま流用できるので、プロジェクトを修正する手間を省きます。本機種は初めてcMTシリーズを使用する方に対して最適なチョイスです。

cMT3071は以下のWeitenkオリジナル機能をサポートします:


cMT構造で、一対多、多対一のモニタリングをサポート
HMIで直接に監視できるほか、Windows、iOS、AndroidプラットフォームでApp – cMT Viewerを通じてワイヤレスでHMIを監視可能です。


セキュリティ性を向上する制御トークン機能
重要なオブジェクトに制御トークンを設置でき、同一時間で一人しか操作できないようにします。多対一のモニタリングにおいても、操作の衝突でセキュリティリスクを招く心配もありません。


IIoTソリューション
IIoTの標準プロトコルMQTT、OPC UA及びSQLデータベースへの直結をサポートします。

HMI+CODESYSソリューション
別途CODESYSライセンスを購入することにより、HMIを自動化標準規格IEC61131-3対応のPLCに変身させることができます。HMI+CODESYSとI/Oモジュールの組み合わせは、よりフレキシブルなソリューションを提供します。

 

cMT3071iEeMTシリーズ機種の比較

以下はcMT3071の主な仕様とMT8073iE、eMT3070Bとの比較です:

ハードウェア仕様比較


*COM3にRS-232を選択する場合、COM1 RS-232はTx & Rxのみ使用できます。

 

ソフトウェア機能比較

 

ソフトウェアバージョン: EBPro V6.02.01以上(ダウンロード)

あわせて読みたい